日本のはんこの歴史

はんこ制度については、中国ではなく西洋の文化として伝わったもので、旧約聖書の中にも、実印、認印のくだりがあり、この点からも西洋からはんこの制度が伝わってきたと考えられます。2300年ほど前に現在の紙が作られるようになり、書物への捺印という習慣ができて、それが日本にわたってはんこが全国に広がったとみられています。日本ではんこの歴史というと、現存する日本最古の印として、国宝指定されている漢委奴国王の金印が知られています。

天明4年、西暦で行くと1784年、筑前国糟屋郡志賀島、現在の福岡県福岡市東区志賀島で発見されたものです。光武帝が中元2年に日本の倭奴国に金印を受けたという記録が後漢書に記されており、この時の印が漢委奴国王の金印とされています。

こうした歴史がありますが、はんこの文化がこれによって広まったという事はなく、位の高い人以外、所有する事も出来ない物で、一般の方が利用されるのはまだ先です。平安時代には手形印として掌に朱肉を付けて押印する方法があり、これは江戸時代まで継続しています。その後、平安時代後期、武将の願文、遺言状などに花押と呼ばれる書き判が利用されるようになり、独特のサインのような花押が利用されていました。

一般の方が利用するようになったのは、明治6年、明治新政府が太政官布告を行った際、「本人が自署し実印を押すべし。辞書の出来ないものは代筆させてもよいが本人の実印を押すべし」と定めてからで、それからようやく一般の方がはんこを利用するようになったのです。

現在ははんこの専門店のネットショップなどが多数登場し、実印に至っても、短い期間でリーズナブルに購入できるようになりました。はんこの世界もインターネットによって世界が大きく変わったといえそうです。

世界でのはんこの歴史

紀元前5000年、古代メソポタミアで利用されるようになった印章は、その後、紀元前3000年ごろになると古代エジプト、またシュメール初期王朝時代などでも見られるようになります。古代エジプトでは、紀元前3000年ごろ、ヒエログリフの刻印された宗教的意味合いの強い「スカラベ型印章」が用いられたことがわかっています。

紀元前2600年ごろ、シュメール初期王朝時代の円筒印章は動物と闘う英雄が描かれていて、年度に押しつけるようにして印影を見ることができます。これはルーブル美術館に所蔵されており、非常に歴史的価値の高い印象です。

インダス文明では、インダス式印章と呼ばれる凍石性の印章が利用されており、インダス文字と共に動物の絵が刻まれていることで有名です。動物の多くはインド文化の中でも重要とされる牛ですが、中には一角獣などのこの世に存在しない架空の動物が刻まれていたり、「シヴァ神」(創造神ブラフマーに対し、シヴァ神は破壊をつかさどる神)の祖系と思われる神が刻まれているものもあります。

このインダス式印章がシルクロードを渡り古代中国に伝わりました。中国に伝わったのは戦国時代初期、紀元前4世紀から5世紀という事なので、かなり後の事です。中国最古の印象はアジア地域最古の印章と呼ばれ、殷の時代といわれていますが、これは証拠がなくあやふやなものです。そのため、戦国時代から利用されている、封泥に鉥(じ)と呼ばれていた印象が用いられていたこと、またその文献なども非常に多く見つかっているので、中国では戦国時代から利用していたと考えられています。中国の印章は芸術として発展しましたが、民間には浸透せず、印章が実用的なものとして用いられることはありませんでした。

はんこの古い歴史

はんこの歴史は古く、紀元前7000年から6000円くらいの中東の遺跡から発掘されているものもあり、紀元前5000年くらいから、古代メソポタミアで利用されていたと考えられています。粘土板や封泥の上に押す目的で作られた印章が利用されていたようですが、後に、粘土板の上で転がして利用する円筒印章が登場し、宝物の護符のようなイメージで考案され、実際に利用されていました。

当時利用されていたこれらの印章は、ほとんどがこの宝物の護符などに利用されてきていて、現在のように契約書などに押印して個人や企業の証拠として扱うような印とは意味合いが全く違っていました。

実用品として利用されていたこのような印章は、庶民クラスの人たちが所有、利用出来るものではなく、当時、権力を持っている方が利用していたものです。日本において、はんこの歴史は、いつから利用されてきたのか、利用していたことをはっきり裏付ける確かな資料がないため、定かにはなっていません。

しかし各国で古き時代に、権力を象徴する等、大切なものとして利用されてきたことは間違いなく、こうした利用が、今日、私たちが利用するはんこにつながってきたことは事実です。はんこの歴史を紐解くと、権力者と庶民とのくらいの差が浮き彫りになりますし、当時、どのような国同士の繋がりがあったのかという事も見えてきます。

当サイトは現在、通販でも購入できるようになったはんこがどのような歴史の中から、今日に至るまで利用されてきたのか、はんこの歴史、利用のされ方など皆様にお伝えします。当サイトが皆様のちょっとした知識となれば幸いです。

はんこはいつからあったんだろう

はんこ、印章は木や竹、石で作られているものもありますし、金属や合成樹脂で作られているものもあります。文字やシンボルなどを面に彫刻して、個人や企業、また官職や団体などの「印」として、公私文書に押印し印影を遺すことで、責任、権威などを表す、証明するものがはんこです。

素材は木や金属、石、水晶、動物の角、牙、また現在は合成樹脂やチタンなども利用されるようになっています。現在はんこは照明のために用いるものとして利用されていますが、その他、篆刻(てんこく)のようにその印影を趣味、芸術として観賞するために用いるものもあります。

古代は、印章そのものが宗教的護符として利用されていた時代もあり、現代でも開運商法の商品として印章が用いられる事もあります。現在は宗教的な意味合いを持っておらず、印章そのものというよりも、印を押した印影について内容が重視されることが多くなっています。

契約などに利用されるはんこはとても大切なもので、その歴史は文明の発祥から継続しているといわれているほど古いものです。世界各地ではんこは独自の発展を遂げ、色々なはんこが存在します。

古来はんこは非常に貴重な物であり、位の高い人以外利用できるものではなかったとされていますが、はんこはどのような歴史を持っているのでしょうか。当サイトは、現在大人になればだれもが利用するはんこについて、歴史、その用途など探っていきます。当サイトが皆様のお役にたてるサイトになれば幸いです。

はんこの歴史の中でも現代的な対応の通販について