はんこの古い歴史

はんこの歴史は古く、紀元前7000年から6000円くらいの中東の遺跡から発掘されているものもあり、紀元前5000年くらいから、古代メソポタミアで利用されていたと考えられています。粘土板や封泥の上に押す目的で作られた印章が利用されていたようですが、後に、粘土板の上で転がして利用する円筒印章が登場し、宝物の護符のようなイメージで考案され、実際に利用されていました。

当時利用されていたこれらの印章は、ほとんどがこの宝物の護符などに利用されてきていて、現在のように契約書などに押印して個人や企業の証拠として扱うような印とは意味合いが全く違っていました。

実用品として利用されていたこのような印章は、庶民クラスの人たちが所有、利用出来るものではなく、当時、権力を持っている方が利用していたものです。日本において、はんこの歴史は、いつから利用されてきたのか、利用していたことをはっきり裏付ける確かな資料がないため、定かにはなっていません。

しかし各国で古き時代に、権力を象徴する等、大切なものとして利用されてきたことは間違いなく、こうした利用が、今日、私たちが利用するはんこにつながってきたことは事実です。はんこの歴史を紐解くと、権力者と庶民とのくらいの差が浮き彫りになりますし、当時、どのような国同士の繋がりがあったのかという事も見えてきます。

当サイトは現在、通販でも購入できるようになったはんこがどのような歴史の中から、今日に至るまで利用されてきたのか、はんこの歴史、利用のされ方など皆様にお伝えします。当サイトが皆様のちょっとした知識となれば幸いです。