日本のはんこの歴史

はんこ制度については、中国ではなく西洋の文化として伝わったもので、旧約聖書の中にも、実印、認印のくだりがあり、この点からも西洋からはんこの制度が伝わってきたと考えられます。2300年ほど前に現在の紙が作られるようになり、書物への捺印という習慣ができて、それが日本にわたってはんこが全国に広がったとみられています。日本ではんこの歴史というと、現存する日本最古の印として、国宝指定されている漢委奴国王の金印が知られています。

天明4年、西暦で行くと1784年、筑前国糟屋郡志賀島、現在の福岡県福岡市東区志賀島で発見されたものです。光武帝が中元2年に日本の倭奴国に金印を受けたという記録が後漢書に記されており、この時の印が漢委奴国王の金印とされています。

こうした歴史がありますが、はんこの文化がこれによって広まったという事はなく、位の高い人以外、所有する事も出来ない物で、一般の方が利用されるのはまだ先です。平安時代には手形印として掌に朱肉を付けて押印する方法があり、これは江戸時代まで継続しています。その後、平安時代後期、武将の願文、遺言状などに花押と呼ばれる書き判が利用されるようになり、独特のサインのような花押が利用されていました。

一般の方が利用するようになったのは、明治6年、明治新政府が太政官布告を行った際、「本人が自署し実印を押すべし。辞書の出来ないものは代筆させてもよいが本人の実印を押すべし」と定めてからで、それからようやく一般の方がはんこを利用するようになったのです。

現在ははんこの専門店のネットショップなどが多数登場し、実印に至っても、短い期間でリーズナブルに購入できるようになりました。はんこの世界もインターネットによって世界が大きく変わったといえそうです。